MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

日本のハワイアンを牽引してきたミュージシャンの一人、ヒデマハ。 オリジナル曲全1... KumuKahi / Hide Maha.S

3rdシングル「RISE」のyoutube視聴回数が1200万回を誇る「MADK... color / N0NAME

◎日本歌手協会歌謡祭に連続出場中!! ◎通信カラオケDAM/ウガ・ジョイサウンド... つかず離れず / 上田明弘

移籍第一弾シングル! 旅に出よう もう一度会うために 移籍第一弾シングルとなる今... 旅に出よう / 巨峰3兄弟

バークリー音楽大学出身のジャズピアニスト/アレンジャータケ・ムラカミ「テイク」シ... TAKE THREE / TAKE MURAKAMI

2019年秋 テレ玉で放映の限界アニメ「松山あおい物語」の主題歌 「おねえさん動... おねえさん動物園<アニメ紹介バージョン> / 松山あおい

2019年秋 テレ玉で放映の限界アニメ「松山あおい物語」の主題歌 「おねえさん動... おねえさん動物園<松山あおいバージョン> / 松山あおい

英国のワールドミュージック誌「Songlines」が選ぶ≪世界の最も優れた演奏家... 森の中へ~Into the Forest / 八木美知依

ロング・セラーを記録した「アイ・ビリーヴ・イン・リトル・シングス」の続編となる、... チアフル・リトル・イアフル(仮) / ダイアナ・パントン


MODE
ザ・ウインド / ドン・ネルソン

いかにも白人らしいソフィスティケイトされたバラード唱法が持ち味の知る人ぞ知る男性...

ホリデイ・フォー・ラヴァーズ / ジョニー・ホリデイ

心あるヴォーカル・ファンから愛されている、通好みの白人クルーナー、ジョニー・ホリ...

スタン・リーヴィー・クインテット / スタン・リーヴィー・クインテット

"白いマックス・ローチ"といわれ、メル・ルイス、シェリー・マンと並び50年代の西...

メル・ルイス・セクステット / メル・ルイス・セクステット

ハンプトン・ホースやジェリー・マリガン等との共演やサド・ジョーンズとの双頭バンド...

ジョアン・グラウアー・トリオ / ジョアン・グラウアー・トリオ

ホレス・シルバーやハンプトン・ホーズに強く影響された幻の美人ピアニスト、ジョアン...

ジャズ・バンド・ボール / テリー・ギブス

テリー・ギブスをはじめモダン・ジャズ・ヴァイヴ・シーンを代表する3人のプレイヤー...

ピアノ・プレイハウス / V.A.

スタイルやタッチがそれぞれ異なる6人の名ピアニストが一堂に会し、よく知られたスタ...

レナード・フェザー・プレゼンツ・バップ / レナード・フェザー・プレゼンツ・バップ

著名な評論家レナード・フェザーの監修によてバップ期の名曲にスポットをあてたコンセ...

ジ・エクスハーマナイツ / ジ・エクスハーマナイツ

ウディ・ハーマン・オーケストラへ共に参加したビル・ハリス(tb)とテリー・ギブス...

エイト・バイ・エイト / ドン・ファガーキスト・オクテット

地味ながらもウエスト・コースト・シーンになくてはならない存在だった実力派トランペ...

ヴィクター・フェルドマン ・オン・ヴァイブス / ヴィクター・フェルドマン

イギリスが生んだモダン・ジャズ・ヴァイブのヴァーチオーゾ、ヴィクター・フェルドマ...

ウォーン・マーシュ・カルテット / ウォーン・マーシュ

トリスターノ派の優等生でありながらおおらかで心あたたまるプレイで多くのジャズ・フ...

デライトフル・ドリス・ドリュー / ドリス・ドリュー

マーティ・ペイチの全面サポートによる知性派シンガー、ドリス・ドリューのワン・アン...

ジョイ・ブライアン・シングス / ジョイ・ブライアン

コンテンポラリー盤でお馴染みの玄人好みのヴォーカリスト、ジョイ・ブライアンがMO...

ラッキー・ルーシー・アン / ルーシー・アン・ポーク

チャーミングな歌声と上品なお色気で50年代に一世を風靡したとびっきりの美人シンガ...

フランク・ロソリーノ・クインテット / フランク・ロソリーノ・クインテット

ケントン楽団、ライトハウス・オールスターズなどで活躍した実力派トロンボーン奏者、...

コンテ・カンドリ・カルテット / コンテ・カンドリ・カルテット

ウエスト・コースト・ジャズを代表するトランペッター、コンテ・カンドリが持ち前のダ...

エディ・コスタ・クインテット / エディ・コスタ・クインテット

31歳という若さで交通事故の為にこの世を去った悲運のヴァイブ&ピアノ・プレイヤー...

12 »