MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

人工内耳のベーシスト、ディジー吉本が、日本を代表するトランペッター村田浩と繰り広... 壇之浦2018 / ディジー吉本 トリオfeat.村田浩

タイ・バンコクを拠点に活動するEDM系エレクトロニック・アーティスト、 R... Cut The Crab / Cut The Crab

東京・新宿ストリートライブでのパフォーマンスが話題になり、 4枚のアルバムをリリ... You are too beautiful feat.Mitsuhiro Itagaki / Kazuhiro Ozaki

世界各地をベース1本で渡り歩くエレクトリックベーシスト今沢カゲロウ、通算20枚目... 兆/ kizashi / 今沢カゲロウ

2018年9月に開催予定であった3rdアルバム「crossover」のレコ発ワン... Over the crossover  2019.01.27 ESAKA MUSE / 津村友華

井上昌己 デビュー30周年! ミニアルバム第一弾発売!  「愛の歌」・・・どうだ... After stories / 井上昌己

ロンサムドッグのファーストアルバム。ロックンロール誕生前夜を彷彿とさせる、ロッキ... Lonesome Dog / Lonesome Dog

日本初のドイツ宮廷歌手が打ち立てた、ドイツ・リートの新たな金字塔。 日本リヒャル... リヒャルト・シュトラウス歌曲集 / 小森輝彦

フランスの至宝ジェラール・プーレによるラヴェル室内楽の金字塔! ジェラール・プー... Ravel ラヴェル三昧 / ジェラール・プーレ


ふたりのボサノヴァ 2 ~想いあふれて / グラジーナ・アウグスチク &ポリーニョ・ガルシア
title ふたりのボサノヴァ 2 ~想いあふれて
artists グラジーナ・アウグスチク &ポリーニョ・ガルシア
label MUZAK/fab.
price ¥2400+税
release 2019/5/24
format CD
cat.no MZCF-1387

1.フェリシダージ - A Felicidade - A.C.Jobim/Vinicius De Moraes
2.アルアンダ - Aruanda - Geraldo Vandré/Carlos Lyra
3.バラに降る雨 - Chovendo Na Roseira - A.C.Jobim
4.コレンテーザ - Correnteza - A.C.Jobim/Luiz Bonfá
5.イパネマの娘 - Garota De ipanema - A.C. Jobim/Norman Gimbel/Vinicius De Moraes
6.想いあふれて - Chega De Saudade - A.C. Jobim/Vinicius De Moraes
7.あひるのサンバ - O Pato - Jayme Silva & Neusa Teixeira
8.夢でなく - Sem Fantasia - Chico Buarque De Holanda
9.ワン・ノート・サンバ - One Note Samba - Samba De Uma Nota Só - A.C. Jobim/Herbie Mann/Newton Mendonça
10.テレフォン - Telefone - Roberto Menescal/Roberto Bôscoli

東欧の淡い木漏れ日と爽やかな南米の風

ポーランドを代表する女性シンガー、グラジーナ・アウグスチクとブラジリアン・シンガー&ギタリスト、
ポリーニョ・ガルシア。
ロング・セラーとなった前作『ふたりのボサノヴァ~ビートルズ・ノヴァ』に続くデュオによるクラシカルでありながら進化したボサノヴァ・アルバム。

アルバムのコンセプトは、「ボサノヴァの古典的名曲」と「ブラジルに生まれた魅惑の楽曲」をヴォーカル・デュオで表現する…。本作には、ボサノヴァの最初のレコーディングである、ジョアン・ジルベルトが歌った「想いあふれて」、ボサノヴァの代名詞ともいえる「イパネマの娘」、さらには「ワン・ノート・サンバ」「フェリシダージ」「バラに降る雨」等の名曲が収められている。そして、ボサノヴァとは異なる「ブラジルの魅惑の楽曲」としてシコ・ブアルキ作の「幻想なしに Sem Fantasia」が収録されたことは特筆に値するかもしれない。この曲は、シコ・ブアルキが若い時分に、異妹であるクリスチーナとデュエットして歌った、隠れた名曲である。味わい深い旋律をもつ、この楽曲で、グラジーナ・アウグスチクとポリーニョ・ガルシアは見事なヴォーカル・デュオを披露する。凛とした歌の佇まいとクールなトーンが魅力のグラジーナの歌声。そして、ヒューマンで柔らかなトーンが魅力のポリーニョの歌声。二人の異なる個性の歌声は絶妙に重なり合い、響き合い、そこには、しみじみとした情感と共に、独創的なヴォーカル・デュオの音楽が表現されている。そして、彼らは同時にシコ・ブアルキが曲に込めた物語をも見事に表現しているのだ。~本作は、グラジーナ・アウグスチクとポリーニョ・ガルシアによる、「豊饒の音楽風土・ブラジル」へのオマージュである。・・・上村敏晃(ライナーより)

この記事をはてなブックマークに追加